カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

ペンタクルピアス ラピスラズリ

ペンタクルの模様のピアスです。
中心にペンタクルの模様、ケルトの組紐模様の間に小さなラピスラズリが埋め込まれています。ステアリングシルバー925製になります。

<ペンタクルとは>

ペンタクルある種の図形の名称で、 主として西洋魔術やウイッチクラフトで使われます。 ペンタクルには、 グリモワールなどの古い魔術文献にみられる「護符」 (amulet) やタリスマン (talisman) の類があります。 ペンタクルは、現代ウイッチクラフトの儀式用具にも使用されています。円の中に魔女/ウイッカンの象徴が描かれており、五芒星を円で囲ったデザインがポピュラーと言われています。 タロットでいうペンタクル(Pentacle)とは五芒星のことです。五芒星とは、人間が両手両足を広げ、頭と両手両足の先を頂点として結んだ線で形成される五角形の星形であり、人間の経済活動、社会的な人間関係など、人間の営みそのものを象徴しています。

<組紐文>

組紐文は、古代ローマ時代から地中海一帯で用いられてきた装飾文様だが、地中海スタイルといわれるそれが、2本の紐を隙間をもってゆったりと交差させる“紐を組み合わせた”だけの文様であるのに対して、ケルトのそれは、地中海世界の明るさおおらかさを削ぎおとし、文様に霊的力を注入することによって、北方世界特有の暗い呪的な造形へと変化させているという。

 ケルトの組紐文様は、単に紐を編んだものというより、自由自在に絡み合い結びあわされた紐が、ある時は円を描き、ある時は緊結しあいながら、渦状あるいは螺旋状に絡み合い、全体として摩訶不思議な神秘的文様を作りだしている。  組紐の原点は不明だが、そのひとつとして蛇の交合が挙げられるかもしれない。長時間にわたって絡み合い蠢きあう雄雌の姿は、不気味なものであるととみに生命の賛歌ともいえ、そこには脱皮という生態ともあいまって死と再生が含意されている。組紐の原点が蛇であるとしたら、それは死と再生の象徴としての渦巻文が一旦解体し、よりカオス的なものに変身したもの、ということができる。

KP-025

☆サイズ

全長: 22mmx12mm

重さ: 20g

ペンタクルピアス ラピスラズリ

価格:

4,800円 (税込)

[ポイント還元 48ポイント〜]
購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら

お客様の声

(ラピスラズリのネックレス) 新潟にお住まいのA様

主人の大大好きなラピスラズリ☆ とても深いものを感じ素晴しい貫禄の石だと思います。主人は、何度この石に助けられた事でしょう。 貴子さんと縁ができて初めて作っていただいたネックレスは、数年前に役目を終えましたね。 今、二世とともに必死で働いてくれています。 本当に感謝です。

ページトップへ